新学期を前にした小中学校・市立工業高校でのコロナ感染対策の申し入れ (18回目・市へのコロナ対策申し入れ)

更新日:10月7日


2021年8月26日

金沢市教育長 野口 弘 様

金沢市議会議員 森尾 嘉昭 広田 美代 大桑 初枝 玉野  道 熊野 盛夫

 小中高校生のコロナ感染は、県内で6月は7校9人、7月は53校104人、8月に入って89校168人と(8月17日現在)急拡大しています。  去る8月20日、文部科学省は「小学校、中学校および高等学校等における新学期に向けた新型コロナウイルス感染症対策の徹底等について」を全国に発信しました。  こうした状況を踏まえ、以下の緊急対策を行うよう申し入れます。

1 小中学校、高校での感染拡大防止のために、学校行事、クラブ活動など中止・延期の適切な判断、学年ごとの登校時間、登校日を調整するなど対策を検討すること。

2 児童生徒、教職員等に感染が確認された場合、休校措置や、学級閉鎖について、保護者など関係者と協議し、適切な対応をとること。

3 感染拡大防止策として、3つの密(密集・密接・密閉)やマスクの適切な着用、手洗いなど基本的な対策を徹底すること。 *マスクは不織布のものを使用するよう推奨すること。なお、経済的に困難な家庭等の児童生徒には、支給を検討すること。

4 教職員などや12歳以上の子どもさんへのワクチン接種について、希望者に対し、安全に実施できるよう行政、医療機関とも十分調整すること。

5 教職員等を対象とするPCR検査を定期的に実施できるよう検討を進めること。また、文部科学省は、抗原検査キットの導入について高校に引き続き、公立小中学校にも配布し、発熱などの症状がある児童生徒を迅速に検査し、感染者を発見できるようにするとしています。

各学校に対し、丁寧な説明と援助を行うこと。

1回の閲覧0件のコメント